ツバメの子、巣立ちの日がやって来た


とある、ショップの店先にツバメの巣がある。
出入り口に有ることが嫌われる、撤去されるのが普通である。
店主の善意で保護された。
巣の下には糞が客に落ちないよう工夫がこらされた。
天敵であるカラスよけには金網で近づかないよう囲った。
雛は無事に育ち巣離れの時を迎えた。
何羽は先に巣立ち残った2羽をショップの店長、店員さんがガラス越しに見守っている。
ショップの善意には拍手を送りたい。


3471.jpg

3472.jpg

3473.jpg

3474.jpg

3475.jpg
見守る親

3476.jpg
親は近づくが何もしない

3477.jpg
先に巣離れした雛


スポンサーサイト

早くも巣作りを開始したツバメ

今年のツバメを初見をした。
ただ飛んでいるではなく、もう巣作りか?
河原に降りて土を咥えて運び去った。
2組のペアが確認できた。



3447.jpg

3448.jpg

3449.jpg

3450.jpg

3451.jpg

3452.jpg


巣材集めにツバメも忙しい


ツバメの巣剤運びが頻繁に行われている。
2~3日前までは何事もない河川敷であった。
何組かのツバメが運んでいるらしい。
土が表れている所だけが混み合っている。


3315.jpg

3316.jpg

3317.jpg

3318.jpg

3319.jpg

3320.jpg


巣の補修?巣材集めのツバメ

1番目の雛が巣立ったので巣の補修?
それとも新しく巣を作るのか? 定かではない。
2羽の燕が河原の土を集めている。


3166.jpg

3167.jpg

3168.jpg

3169.jpg

3170.jpg

3171.jpg

子育ても最終段階(ツバメ)

巣立ち雛が目立っている。
ツバメも例外ではない。
姿は親と同じだが自分では採餌が未だできない。
餌を受け取るのはアットいう間に済んでしまう。
飛びながら済ませてしまう。



338.jpg
大きな口をいっぱい開ける

339.jpg
受け渡しが撮れない

340.jpg
近よってきた

341.jpg

342.jpg
雛の口の中に頭を突っ込む

343.jpg
親は電線に止まることは無かった。


カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

時おじさん

Author:時おじさん


自由気侭な蟹座です。

鳥探訪が主流となってしまいましたが

時折季節のイベントにも興味を示しております

最新記事
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント